いろいろな事情からインプラント治療を

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は歯科医院ごとに大きく異なります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、相場はあると言えます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはいちいち考えなくて良くなります。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。
一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ