インプラント治療を掲げている

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ