インプラントとクラウンの決定的な相違は、

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って過ごさなければなりません。
日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、海外で治療を受けることも考えるべきです。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙あるのみです。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはずっと続きます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。
ほとんどのケースは保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。
治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることで早めの対応をしていきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ