人工物であるインプラントが虫歯になることはあり

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは言えません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。
とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。
ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ