土台が残っている場合にのみできる施術

混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術が物を言うといわれています。
そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。
長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。
これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。
こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ