徐々に市民権を得てきたインプラントで

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。
さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術ということであり、その分高額になっているのです。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
口内のセルフケアを怠れば、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。
ですが、制約もあるので覚えておきましょう。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ