今のところ、インプラントの歯根部は

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。
費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、あれば必ず見ておきましょう。
代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで差があると考えるべきです。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ