どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなけれ

どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。
手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、その条件はとても厳しいのです。
普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。
一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった口コミがあったかもしれません。
それは違います。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ