インプラントは無くなった歯を再生

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されるケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ