「インプラントは不要か」の記事一覧

エムドゲイン治療の処置は素晴らしく効果のある方法

半面、糖尿病という側面から見立てると、歯周病という病のために血糖値をコントロールすることが至難で、そのため、糖尿病の病状の深刻化を招いてしまう可能性が考えられるのです。 歯周組織復活のために、エムドゲイン治療の処置は素晴・・・

下限は骨の成長が止まる20歳前後

インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。 逆に下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。 70歳を超えた高齢者もインプラント手術を受けた方はいらっしゃいます。 ただ、年齢的には問題はなくても持病に・・・

インプラントは無くなった歯を再生

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。 口腔内ケアの仕方を病院で教えて・・・

最近はインプラントを利用される方も多くなってきまし

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。この原因としては、歯茎の合間に溜ま・・・

インプラントはなくした歯を取り戻すため

インプラントはなくした歯を取り戻すための治療ですが、似たような治療に入れ歯とブリッジがあります。 入れ歯もブリッジも保険が効きますので安く済みますが、それ以上にデメリットの大きさが際立つことも事実です。 どちらにも共通し・・・

インプラント治療を掲げている

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。 その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項・・・

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛ん

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。 自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの・・・

技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れ

技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不・・・

インプラントとクラウンの決定的な相違は、

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。しかし、根か・・・

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込む

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているた・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ